物件選びのポイント

物件選びでは収納場所のこともしっかり考慮に入れる

賃貸住宅を探す時は、居住空間の間取りや広さだけに気をとられがちです。しかし、持ち込む荷物をしまうスペースも十分確保する必要があることも、考えないといけません。 クローゼットや押し入れなど、荷物を適切に収納しておける十分な空間がないと、その分居住スペースを減らして、物を置かなければならなくなります。特に集合住宅の場合は、限られた空間がさらに狭くなってしまいますので、生活の質を落としてしまうことにつながってしまいます。 さらに、子供のいる世帯では、成長に伴って、衣類やおもちゃなどがどんどん増えていきます。家族の人数や生活スタイルをよく検討し、余裕をもった収納スペースのついた賃貸物件を選ぶことが大切です。

物件によっては特別な収納空間があることも

さて、賃貸住宅において、収納に使えるスペースは、クローゼットなどの専用空間だけに限りません。その一つがロフトです。天井を高くしてできた空間を活用し、物が置けるようになっており、屋根裏部屋のような感覚です。日常的に物の収納場所として使える他、ワンルームなど限られた間取りでは、来客の際などの荷物の緊急避難場所としても使えます。狭い部屋でもロフト付きの賃貸物件を選べば、居住空間を広くとることが可能です。 また、住居とは別にトランクルームを提供しているところがあります。各世帯それぞれ専用のスペースを持つことができ、地下や別棟に設けられることが多いです。ゴルフ道具などのスポーツ用具や、日曜大工に使う道具など、普段使わない嵩張る物も、しっかりしまっておけるのがメリットとなっています。