賃貸不動産の活用

不動産を収益物件として活用しているものもありますが、不動産投資という方法もあります。これらは金融商品と呼ばれているものを利用して行われ、好きなような利用が可能になります

Read More

余裕を持った物件

金銭的に余裕がある裕福層の人が多く利用している物件として別荘と呼ばれるものがあります。自分の好きな場所や、立地を選ぶことで満足いく物件を探すことが可能になります。

Read More

収益物件の利用

収益不動産もいろいろ

「収益不動産を購入して、賃料収入だけで生活したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。収益不動産には様々な種類があります。区分所有マンションの1室、アパート、一棟マンション、区分所有店舗、区分所有事務所、倉庫、ホテルなど多岐にわたります。 どの収益不動産を購入するかは投資家の好みになりますが、これから収益不動産投資をはじめようとする人は、一つの物件に多額の投資をするのは危険ですのでおススメすることはできません。 最初の投資は、区分所有マンションの1室からスタートして、少しずつ物件を増やしていくのが良いでしょう。物件を増やしていくにあたってポイントとなるのは、投資対象エリアも分散するということです。

分散投資でリスクを軽減しよう

また、収益不動産の種類も分散することで、より一層投資リスクを軽減することができます。たとえば、区分所有マンションの1室から投資をスタートさせ、数物件取得することができたら次に区分所有店舗に投資をしていくようなイメージです。 収益不動産への投資を行うにあたり、最初から多額の資金がある方はほとんどいないことでしょう。一定の資産を形成するには、どうしても時間が必要となりますし、また時間を味方につけるべきなのです。急いで規模の拡大を追求すれば、どうしても多額の投資を行ってリスクを背負うことになってしまいます。 したがって、小さな物件から購入して、金融機関からの借入金を着実に返済しながら少しずつ物件を増やしていくことが不動産投資の成功への近道となるのです。

物件投資

中古マンションを利用した不動産投資を行なう人は多くいますが、これにはリスクもあります。リスクを比較的軽くした利用方法として上場不動産を利用する手法が増加している傾向にあります。

Read More

物件選びのポイント

物件を選ぶ際、必ず広さなどを確認するでしょう。しかし、収納場所を確認しない人も少なくありません。その為、契約後に困るといったこともあるため、事前に調べることが必要です。

Read More

不動産の相続

不動産を相続した場合、相続者が税金を支払う必要があります。物件の価値によっては負債となる可能性もあるので、相続不動産売却などを行なうことでこれらを回避することができます。

Read More